読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来から来た宇宙人のブログ

「南京大虐殺 兵士たちの記録 陣中日記」を検証してみた。(南京事件 兵士たちの遺言)時々更新します。 拡散希望していますのでリンク・コピペの許可は要りません。

「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」 小野田紀美参院議員は2015年10月1日

下の二つの記事を読むと一つ気が付くことが有る。

それも国籍に関して相当大事な事が解る。

www.sankei.com

民進党蓮舫代表は6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。

 蓮舫氏が9月まで日本国籍と台湾籍を持っていた「二重国籍」問題をめぐっては、日本維新の会足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。

 蓮舫氏は会見で、昭和60年1月に日本国籍を取得した点に関連し、「私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」と説明。「ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでだ」と述べた。

国会議員二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

 謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(今年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。

 

小野田紀美参議院議員の話題。記事は「」夕刊フジ

 

f:id:zigenn-daisuke357:20161010000148p:plain

国会議員の「二重国籍」が注目されている。民進党蓮舫代表に続き、自民党の小野田紀美参院議員も、 米国との「二重国籍」状態で、現在、米国籍放棄の手続きを進めていると、自らのフェイスブック(FB)で明らかにしたのだ。小野田氏が「日本国籍選択」を証明するためFBで戸籍謄本の一部を開示したことで、蓮舫氏の対応も問われそうだ。

.....小野田氏は1982年、日本人の母親と米国人の父親との間に米国内で生まれ、米国籍も取得した。 同氏のFBなどによると、参院選に出馬する前の2015年10月に、日本国内で「米国籍を放棄する」と宣言、 「日本国籍を選択する」手続きを終えた。蓮舫氏の「二重国籍」問題を受けて最近調べたところ、 米国内での「放棄手続き」が終わっていなかったという。

.....これを証明するため、小野田氏はFBで自身の戸籍謄本を公開した。そこには、明確に「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されていた。 小野田氏は4日、「大変申し訳なかった」と国会内で記者団に語った。

.....実は、「国籍選択」を証明するための戸籍謄本の開示は、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月29日、蓮舫氏に対して公開質問状で要求している。自民党の1年生議員が問題発覚直後に出せたものを、どうして民進党代表が1週間近くも出せないのか。疑問は膨らむ。

 

二つの記事で重要な部分が有る二つの記事を読めば気が付きます。

蓮舫本人の証言では「日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」← これ以上何も作業をしていない事を言っています。

ようするに、日本国内で日本国籍を取得後に『国籍の選択宣言』をしていない事に成ります。

 

小野田紀美参院議員は国内で参院選に出馬する前の2015年10月に、日本国内で「米国籍を放棄する」と宣言、 「日本国籍を選択する」手続きを終えた。

ただアメリカに国籍が残っていたのでアメリカでの国籍を放棄する手続きをした。

蓮舫に「国籍の選択宣言日」を教えろと足立康史衆院議員は言っているのですが、蓮舫は「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と逃げています。

日本国籍を選択しないで国会議員をしていた事になり、完全にスパイが国会議員をしていた事に成ります。

蓮舫小野田紀美の大きな違いは『国籍の選択宣言』をしたか、しなかったかの違いですが、これはブラジルのように国籍を破棄できない国の際には『国籍の選択宣言』で国に忠誠を示せるとも言えます。

ところが蓮舫『国籍の選択宣言』もしていなかったとすれば、国籍は取ったが日本の国に忠誠も誓っていないと言えます。

蓮舫『国籍の選択宣言』をしているなら小野田紀美と同じように見せればいいだけですが、いまだに『国籍の選択宣言』をしていないかもしれません。

 

www.sankei.com

二重国籍国会議員は十数人 馬淵澄夫民進党選対委員長が言及

民進党馬淵澄夫選対委員長は8日、奈良市での会合で、二重国籍状態にある国会議員について「今国会内で十数人いるようだ」と述べた。ただし、個人名や所属政党、どのようにしてそれが分かったかなどには言及しなかった。

 二重国籍問題をめぐっては、同党の蓮舫代表が9月の党代表選の最中まで台湾籍を持ち続けていたことが発覚。その後、自民党の小野田紀美参院議員に米国籍が残っていることも判明している。

 

「今国会内で十数人いるようだ」← これは自民党だろうが民進党だろうが何処の党の議員であろうが完全アウト。

てか、公務員が外国籍はあり得ない。

自衛隊員が二重国籍でもし戦争でも起きて後ろに二重国籍相手国の隊員が銃を構えていたら生きた心地はしないのでは。