読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来から来た宇宙人のブログ

「南京大虐殺 兵士たちの記録 陣中日記」を検証してみた。(南京事件 兵士たちの遺言)時々更新します。 拡散希望していますのでリンク・コピペの許可は要りません。

共産主義・社会主義は人をダメにして国を衰退させ資本主義は人々の競争が生まれ国も他国と競争する。

共産主義社会主義を説明するのは面倒なのでこちらを参照してください。

 

www.juku.st

 

資本主義 - Wikipedia

社会主義 - Wikipedia

共産主義 - Wikipedia

まあ大きく分けるとこの三つでしょう。

さて一番の理想は共産主義です。

もし共産主義が実現したら国も世界も理想郷とも言えます。

ただこれを実現するのは不可能です。

実現できるとすれば多分ロボットぐらいでしょうね。

では何故実現出来ないのか。

答えは簡単人間は生まれつき個人差が有るからです。

勉強の出来る人体力が優れている人、仕事が出来る人。

でも共産主義は全てを同じ扱いにするのが共産主義の理念です。

仕事が出来ようが出来まいが給料は同じです。

今日から仕事した人も40年仕事した人も給料は同じなら誰も頑張らなくなります。

仕事を一生懸命しても1か月休んでも給料は同じです。

そうなれば、誰も仕事はしなくなります。

共産主義の理念は資産の再分配です。

一生懸命仕事して一生懸命稼いでも取り上げて無い人に再分配するのが共産主義です。

そのかわりみんな平等です。

もちろん上下関係も有りません。

社長も平社員も有りません。

それが共産主義です。

でも、実際は中国を見れば共産党一党独裁で上の人は賄賂を貰い、貧乏人は賄賂を払えなければ死ぬまで貧乏人です。

では社会主義はどうなのかと言えば、社会主義は資本主義と共産主義の中間とも言えます。

社会主義国家で出来る会社は全て国営企業です。

国営企業と言えば日本なら役所が思い浮かびます。

昔から役所は親方日の丸と言って給料は全て税金ですので倒産しないので安心して一生懸命仕事をしません。

する必要が無いからです。

仕事をしてもしなくても、年功序列で給料は年々上がります。

社会主義は国の全ての企業が役所と同じです。

そして、全ての企業が国営なので倒産する事は有りません。

また国が運営するので、競争相手も有りません。

例えば車を作る企業は一社しかないので故障しても改善しようとはしません。

日本ではリコールが有りますが国営ではリコールは有りません。

国が作った物にクレームは出来ないからです。

そして、やはり貧乏人が金持ちになるには賄賂を払わないと無理です。

でも賄賂を払って出世すれば今度は賄賂を貰える立場になります。

では資本主義はどうなのか。

資本主義は資本を貯めて自分で会社を作るチャンスが有ります。

会社が失敗するのも本人次第。

同じ仕事でも競争相手もいます。

なので倒産する事もあり得ます。

車の会社でも何件も有りより良い物も作れば沢山売れて、悪ければ倒産する事も有ります。

共産主義の人はこれが気に入らないのです。

富の分配が正しいと思い込んでいるので、金持ちから取り上げて貧乏人に分け当てえるのが正しいと信じています。

 

面白い事を書きますが、日本を代表するトヨタの社長の年収は 豊田章男トヨタ自動車社長の年収は3億5200万円

 

2012年の報酬では

メーカー                       報酬額                          社長
フォード       2100万ドル(21億4000万円)   アラン・マラリー
フォルクスワーゲン  1900万ドル(19億4000万円)   マーティン・ヴィンターコーン
ダイムラー      1450万ドル(14億8000万円)   ディエター・ツェッチェ
GM          1440万ドル(14億7000万円)   メアリー・バーラ
日産                                                   9億8800万円     カルロス·ゴーン
トヨタ                                               1億8400万円      豊田章男
ホンダ                                              1億4500万円     伊東孝
※2012年の報酬(GMは2014年見込み) 1ドル102円で計算

 

世界を代表する車メーカーのトヨタの社長の給料の少なさを聞いて他のアメリカの自動車メーカーの社長が驚いたそうです。

 

でも少し考えてみてください。

社長となればどの車メーカーの社長も自社の株は持っています。

自社の株の20%でも配当金だけで給料の何倍もの収入が有ります。

株価が下がれば配当金も少なくなります。

そうです、給料より配当金を貰う方が社長して頑張れるのです。

アップルに戻ったスティーブ・ジョブズの給料は1ドルでした。

何故なら株を持っていたからです。

調べれば解りますが世界には年収1ドルで働く社長は沢山います。

これは共産主義社会主義では絶対にありえない事です。

 

共産主義思想が強くなると働けないものは不要説が出ます。

その一番の良い例が、戦後最悪 相模原の障害者施設殺傷 事件です。

ドイツのナチ党のヒットラーが障害者を殺したのも考えが共産主義社会主義の思想からです。

資本主義なら倒産してもまたチャンスが与えられます。

それと同じように障害者にもチャンスが与えられます。

実際障害者でも仕事をしている人は沢山います。

 でも共産主義では障害者はただの税金泥棒にしか見えません。

皆さんも将来痴呆症になる可能性は有りますが、なったとしても税金泥棒では有りません。

障害者だからと殺すなら痴呆症も障害者です。

なぜならそこに需要が有るからです。

もし痴呆症の人を全て殺したらそれまで介護についていた人は職を失うことになります。

障害者が居なくなればを介護をしているは他の仕事につけると思うかもしれませんが、世の中には介護しか出来ない人もいます。

大工をやっていた人が簡単に他の仕事が出来るわけではありません。

これはどの職業でも言えます。

 

共産主義社会主義が素晴らしいと思い込んでいる人は何も推測が出来ないキチガイと同じです。

資本主義にも欠点は有りますが、それでも共産主義社会主義よりはましです。