読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来から来た宇宙人のブログ

「南京大虐殺 兵士たちの記録 陣中日記」を検証してみた。(南京事件 兵士たちの遺言)時々更新します。 拡散希望していますのでリンク・コピペの許可は要りません。

「国の借金を未来の子供に残す」と言う言葉のマジック。

日本の赤字国債の発行額は1000兆円とかこれを返すのは孫の代だとか言います。

ところが考えてみてください。

この借金をいったい誰から借りているのか?と疑問を持ちませんか?

この借入先は国民です。

銀行に預けた預金とか生命保険の掛け金が国の国債を買い入れていいます。

そう、外国が日本の国債を買っているのは少ないのです。

てか、日本人の預金額は1700兆円有ると言われています。

差引700兆円が預金として残っている形です。

さて、この1000兆円の借金を返すとどうなるのか?

預金額が1700兆円になるだけです。

返さないとどうなるのか?預金額が700兆円になるだけです。

そして、この借金も預金も誰が作ったのかと言えば今の世代の国民です。

これを解りやすくするのに家族の例にしてみましょう。

 

父方のお爺さんとお婆さん母方のお爺さんとお婆さん、父と母と自分と妹で家族8人とします。

家はお爺さんが建ててくれました家を建てたので借金が1000万円有ります。

でもお爺さんとお婆さんが頑張って働いて貯金したので1700万円の貯蓄が有ります。

ここでお爺さんもお婆さんも父も母も死んだので1000万円の借金は自分と妹が払う事になりました。

1700万円の預金を残してくれていたので自分も妹も何も苦労しないで借金を払う事が出来ました。

 

そうなんです。

借金も残しても預金も残しているのだから未来の子供に借金を押し付けているはマスコミのプロパガンダです。

それこそ国債を他国が買い占めているなら借金を孫に押し付けていると言われても解りますが実際は貯蓄も有るので押し付けるどころか財産を残している事になります。

またマスコミは国の借金を国民の借金の様に報道しますが、これは騙しのテクニックです。

国の借金と国民の借金は別物で国が借金を本気で返すならお札を刷ればいいだけです。

国債もお札も国が印刷できるのです。(お札は日本銀行券で日本銀行が発行する)

ただお札の刷り方に調整が必要なだけで、刷り過ぎればハイパーインフレになります。

ハイパーインフレに注意をしながらならお札を刷って国債を買い戻せばよいだけです。

ギリシャが大騒ぎしたのは自国でお札を刷れないからギリシャ危機が発生したのです。

それとドイツは借金の無い優秀な国だと言っていますが、日本との借金の種類も計算方法も違うので比べる事が無理とも言えます。

勿論ドイツにも借金は有ります。

借金が有るからギリシャを救える事が出来ないのです。

メルケルオバマに泣いてギリシャを救いたくないと言ったとか。

余裕が有るなら救えるはずですが実はドイツもギリギリなんですね。

これは調べると解りますので気に掛かる人は自分で調べてみてください。

国がお札を刷る事が出来るのは借金を払う時にお札を刷って払う事が出来るのです。

あとはハイパーインフレだけを注意すればよいだけです。

 

イギリスがEUから離脱する事になった時に円高になりましたが、正直日本はもっと円を刷るべきです。

国や日銀は売られてハイパーインフレを怖がっていると思いますが、もっとお札を印刷して円の価値を下げるべきです。

 

日本という国は凄い国で東日本大震災の時も円高になりました。

いや日本に震災が起きるたびに円高になります。

他の国では震災が起きるとその国の通貨は安くなりますが、逆に高くなるのは日本だけではないでしょうか?

何故って?日本は必ず短期間で復興するから内需が拡大する、だから日本国内の建設会社の株を買うだから円高になります。

イギリスがEUから離脱した時も円高になり他の通貨は安くなりました。

こんな凄い国が孫に借金を残すとは到底思えません。

マスコミのプロパガンダには注意ですね。